ペットフード安全法

ペットフードの安全を確保するため、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」が2009年6月に施行されました。アース・バイオケミカル(株)は、このペットフード安全法を順守しています。

<ペットフード安全法の概要>

  • ・ペットフードの安全性に関する基準・成分についての規格を定め、これに合致しないペットフードの製造・輸入・販売を禁止する。
  • ・有害な物質を含むペットフードの製造・輸入・販売を禁止する。
  • ・有害な物質を含むペットフードの廃棄・回収等の命令することができる。
  • ・製造業者・輸入業者の届出義務、製造業者・輸入業者・販売業者(小売を除く)の帳簿の記載義務。
  • ・ペットフードが基準・規格に適合していることなどを確認するため、製造業者・輸入業者・販売業者に対して立ち入り検査することができる。
※ペットフード安全法の詳細は、「農林水産消費安全技術センター」ホームページをご参照ください。
http://www.famic.go.jp/ffis/pet/index.html

ペットフードの表示に関する公正競争規約

アース・バイオケミカルの製品は、AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準に基づき、愛犬・愛猫の成長に合わせて必要かつ充分な栄養をバランスよく配合しています。

※ペットフードの表示に関する公正競争規約の詳細は、「ペットフード公正取引協議会」のホームページをご参照ください。
http://www.pffta.org/index.html

AAFCOの栄養基準

アース・バイオケミカルの製品は、ペットフード公正取引協議会の定めた「ペットフードの表示に関する公正競争規約」に準拠しています。

※AAFCOは米国飼料検査官協会(American Feed Control Officials)の略称です。
犬や猫だけでなく、様々な家畜について「完全かつ均衡のとれた食餌」として定めたものがAAFCOの栄養基準です。

添加物に関する基準

ペットフードに配合する添加物は、安全性を重視し、食品衛生法、飼料安全法に定められた添加物を使用しております。

グローバルな基準にも準拠

「ファーストチョイス」「プロネイチャーホリスティック」を生産している、PLB社は、EU(欧州連合)規則EU1774/2002をクリアし、USAA(米国農務省)並びにCFIA(カナダ食品検査庁)の監査を受けています。

※EU1774/2002とは
EUに輸出する際、遵守しなければならない厳しい生産管理規則です。生産工場は、規則に準じているかの認証を受ける必要があります。

アース・バイオケミカル独自の基準

アース・バイオケミカルの製品は、ペットフード安全法を始めとした様々な基準を順守しているだけでなく、独自の厳しい基準を定めています。

  • ・自然派保存料使用
  • ・合成着色料・合成香料無添加
  • ・鶏肉副産物不使用

<開発・設計への取り組み>