パレード初参加してきました♪

皆様はセントパトリックデーをご存じですか?
セントパトリックス・デー(Saint Patrick’s Day)はアイルランドでキリスト教を広めた聖職者(Saint)、パトリック(Patrick)の命日です。この日、3月17日はカトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日でもあります。

日本ではアイリッシュネットワークジャパンという団体さんが、アイルランドの文化を紹介したり、パレードを運営して、異文化コミュニケーションを長年続けられています。

我が家もアイルランド原産のアイリッシュセッターを飼育している関係で、同犬種の方達がこちらのパレードに参加されており、表参道の大規模なパレードの様子を毎年楽しみに見させてもらっていましたが、今回は千葉で行われたパレードに参加してきました♪

難しい事はさておき、ポイントは緑の物を付けてパレードに参加する事!

だったので、2週間前にエントリーを済ませたあと、急いで準備に取り掛かりました。

まずは、手軽に準備できる百均で緑の物を探し、何とか形にすべく、緑のリボンをハーネスや首輪につける事にして作業をはじめました。不器用な上にセンスもなく、リードと首輪にクローバー柄の布を縫い付けるのに、7時間くらいかかりました。

小道具

縫物をしている間中傍でゴロゴロする幸呼ちゃん、あまりの可愛さに、動けずそのまま・・・邪魔ですけどね・・・・

幸呼

そしてついに本番当日!
生憎の雨で、犬ずれ参加者も少なく、我が家ともう一組の合計2組5匹がパレードに参加しました♪

アイルランド原産の犬が一緒の場合のみ、他の犬種の参加OKらしく、我が家はイングリッシュセッターの幸呼も参加する事が出来ました。因みに、もう一組の方はアイリッシュウルフハウンドを3匹もつれてこられていました。やはり大きさが違いますね~男の子は60㎏は超えてくるので、小さなお馬さんサイズでした。

リボンウルフハウンド

雨でなければ千葉商業高等学校吹奏楽部の方々とパレード行う予定でしたが、雨のため駅前で演奏を披露されていました。

吹奏楽

パレードの最中は何とか小雨になり、最後はアイルランドの妖精レプラコーンと一緒に写真を撮ることができました。

妖精

愛想の良いアイリッシュセッターの華は皆さんに撫でてもらい、終始ご機嫌でしたが、ビビりな性格の幸呼には刺激が強く、慣れない場所で多くの人に困惑していたようです。

最後はふたり仲良く寝ながら帰宅しました。

Sleeping

来年はもう少し小道具もグレードアップして、パレードに参加したいと思いました。

 

 

 

 

カテゴリー: 犬のこと   パーマリンク
TrackBack URL :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。